犬の熱中症・熱射病について 2 


WS000065.JPG




高温や水不足などで、

その働きが鈍くなるとすぐに体温が高くなります。

犬の皮膚には汗腺がないので、

長い舌を出して泡・よだれを垂らして
体温を下げます。

39度までに下げてください

症状呼吸が早く、荒くなります。


放置していると血液の混じった嘔吐

下痢や痙攣が起こります。暑いのは大ッ嫌いなんです

犬の熱中症・熱射病夏は要注意です。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442577847 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック