犬の感電について その 3


WS000053.JPG




家庭内での感電は、

留守の時に、
コンセントにフタをすることや、

配線を外すことなどで危険を

無くすことが出来ます。

呼吸があるか、心臓が動いているかを
確認します。


濡れていると余計にビリビリ

十分回復したと思えても、

その後にショックが

起きる事があります。











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
«  犬の熱中症・熱射病について 1  |  犬の感電について その 2 »