犬の感電について その 2


WS000062.JPG




軽度と思っても、感電した場合は必ず

病院へ連れて行くことです。

犬に電流が流れている場合では、

犬に触れると

人も感電しますので、注意が必要です。

電源を切ることが出来ない場合には、

電気を通さないもの、

木とかで感電の原因となるものを

遠ざけます。

すぐに犬の舌を手前に出してから、

胸を強く押したり、

人工呼吸をすることが大事です。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の感電について その 3  |  犬の感電について その 1 »
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。