犬の感電について その 1

WS000055.JPG




軽いやけどであっても、

早めに病院へ行くことが大事です。

犬の感電電気コードのいたずらや

コンセントなどから

感電するケースがあります。



電源を切ることです。

好奇心の強い犬は、電気コードなどに

噛み付くことがあります。


やけどなどの場合は、

すぐに冷やしてから

病院へ連れていきます。

止まっている場合は、

人口呼吸や心肺蘇生が

必要になります。

感電によって心停止を

してしまうケースもあります。

電線や落雷などの非常に高い電圧で

あれば、致命的になります。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の感電について その 2  |  犬のやけどついて 2 »