犬のやけどついて 1

WS000055.JPG






皮膚表面だけでも数日後にショックが

起きることも考えられますので、

軽く考えずに病院へ連れていってください。

犬のやけど犬のやけどは、

軽いものから重症まで様々です。


薬品によるやけどの場合はゴム手袋をして下さい。

湯気、熱湯、お風呂、長時間のホットカーペット、

台所での事故、薬品によるものなどがあります。

軽い場合は、患部を冷やします。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441730413 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック