犬の骨折について その3


骨が皮膚から出てしまったり、

内臓なども損傷していたりするケースも
ありますので、

すぐに病院へ連れていきましょう。

添え木での注意点は、強く巻くと

血行障害になってしまい、壊死します。


常に、先端部分が冷たくないかなどの
チェックが必要です。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の骨折について その4  |  犬の骨折について その2 »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。