犬の骨折について その2





人間と同様に、激痛が伴います。

骨折した部分を皮膚が覆っているのを

閉鎖骨折といいます。


歩けない、びっこを引いている、動きたがらない、

また 苦痛からパニックになったりします。

もちろん、高齢や病気で、骨が弱くなって

骨折することもあります。


外に出ているので、

細菌の感染がしやすくなります。

添え木は1本より両側に2本の方が

やりやすいと思います。

犬の骨折骨折は、

交通事故や高いところから飛び降りたり、

転落したりなどで起こります。

骨折には種類があります。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の骨折について その3  |  犬の骨折について その1 »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。