犬のケガ・出血について C

WS000058.JPG



3〜5分くらい圧迫して出血が

おさまるようでしたら、

そのガーゼごと包帯で
固定します。


犬のケガはいろいろな
場面で起こります。

パニックがひどいようなら、

まず落ちつかせてください

出血した場合は

ショックが起きたりしますので、

すぐに病院へ行きましょう。、

一番多い、ケンカや切り傷に

ついて考えていきます。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の骨折について その1  |  犬のケガ・出血について B »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。