犬のケガ・出血について B


WS000055.JPG



出血している場合、

患部を清潔なガーゼなどで圧迫します

皮膚が傷ついている開放傷と

皮膚が傷ついていない非開放傷があります。


今まで飼った犬では一番大きな不慮な事故は、

大型犬の小さい頃、ゴルフボールのような石を


飲み込んで手術をしたことがあります。

ただ噴出すように動脈がかなり損傷している場合、
止血しにくいです。


おう吐や下痢に血が混じる場合は、

内部出血の可能性が高いです。もちろん、

最大限の予防や防止などは必要ですが、

それでも、起きてしまうこともあります。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬のケガ・出血について C  |  犬のケガ・出血について A »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。