犬のケガ・出血について A


Dog-wallpaper-21.jpg

散歩の仲間の犬は、やけどをしたり、

無事でしたが紐が外れて飛び出して車と

ぶつかったり、話を聞くとかなりあります。

出血が止まらないような場合、

動脈が損傷していると考えられます。


開放傷はそこから細菌の感染が

しやすくなりますし、

非開放傷で皮膚の下の組織の

損傷程度によっては

危険なこともあります。

交通事故やヤケド、異物、中毒など

不慮の事故やケガは、実際かなり多くあります。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬のケガ・出血について B  |  犬のケガ・出血について @ »
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。