犬のケガ・出血について @

WS000055.JPG



その場合、傷よりも少し心臓に近い部分を

包帯でしばって下さい。非開放傷の場合、

患部に冷やしたものを当てます。

傷が大きい場合、手術になります。

ケンカによる傷は、軽いものから、

動脈などを損傷して出血が

止まらないものまで様々です。

今の犬は、歩いてガラスで足を切りました














この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬のケガ・出血について A  |  犬が異物を飲んだ時の処置は? 3 »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。