犬が異物を飲んだ時の処置は? 2

WS000054.JPG


胃の中や腸に止まってしまいますと、

危険な状況になり、

手術が必要になります。

コインやボタン、

子供の小さなおもちゃなども

飲み込むケースがあります。

意外に多いのが、

ゴムで弾むボールやビー玉、

ゴルフボールなどを

追いかけて遊んでいたり、

狩猟の習性が出て熱中したり、

不意に飲み込んでしまうときが
あります。

犬が異物を飲む犬は

自分で遊びを作りますし、

噛んでるつもりが、間違って

飲んでしまうということも
ありえます。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬が異物を飲んだ時の処置は? 3  |  犬が異物を飲んだ時の処置は? 1 »
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。