犬の事故で薬品の中毒について 2


WS000053.JPG



危険が多いですね日頃から、

犬がいたずらできない場所に

保管するとか、

なるべく中毒症状が起きないような商品に

変えるとかで予防ができます。

もし痙攣や呼吸停止など命の危険性があるので

あれば心肺蘇生を行い、気道を確保します。


やはり小さい犬は、
いろいろなものに興味がありますので、


最初のしつけでも薬品中毒の

予防になるように、

しつけを訓練することは大切です。

まず動物病院へ電話をして下さい。

毒物を飲んだということでなんでも

吐かせようとすると、

酸・アルカリ・石油性製剤などは

嘔吐が原因で

さらに臓器が悪化することもあります。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 犬の事故で植物・ハチ・蛇の毒…  |  犬の事故で薬品の中毒について… »
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。