いぬの病院と治療 その1



緊急の連絡先も聞けると嬉しいですね。

ちょっとした心配りが、うれしいのよ〜それには、

飼主と獣医師とのコミュニケーションからです。

生産効率のための時間中心で、

説明の少ない医師は、例え腕が良い場合でも、

飼主の不安があります。当然ながら、

清潔な病院を選びましょう。

充分、親身に説明してくれる

医師はありがたいのです。

治療は、患者である犬の心が

治す方向に向くことも大事です。

病院側にとっては、説明するのも、

治療するのも、手術するのも、同じ時間です。

飼主、犬、獣医師の3つの関係が大事です。







| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。