犬のやけど

P5240081.JPG

皮膚表面だけでも数日後にショックが

起きることも考えられますので、

軽く考えずに病院へ連れていってください。

犬のやけど犬のやけどは、

軽いものから重症まで様々です。

薬品によるやけどの場合はゴム手袋をして下さい。

湯気、熱湯、お風呂、長時間のホットカーペット、

台所での事故、薬品によるものなどがあります。

軽い場合は、患部を冷やします。

ヒリヒリ・痛いっす神経、皮下組織まで

侵された場合は、

傷口に無闇に軟膏などを塗ると

悪化感染の恐れがあるので、

ただちに病院へ行きましょう。


電気コードで感電などでは、

口の中にやけどがある場合もあります。

まず水で洗い流して、獣医と連絡を取って

病院へ連れて行ってください。


冷たい水などで洗い流したり、
冷やしてください。




ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


興味がある方はこちらをご覧下さい。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。