病気のサインを見逃さずに素早い対処を!

inu3.JPG


老犬になった愛犬と少しでも

長く一緒にいたいなら、

できるだけ病気を

早く見つけるよう心がけ、


病気が見つかったら適切な治療を

受けさせるようにしましょう。

体重測定は家庭でも簡単に実施できる

大切な体調変化のバロメーターになりますので、

2週間〜1ヶ月に一度程度はしてあげるといいでしょう。

飼い主が行う日々のボディケアの中で

愛犬の健康チェックをすることも重要です。

病気の早期発見につながる大事なポイントは、

まず獣医師による健康診断を定期的に受けること


愛犬の健康管理や健康維持にサプリメントを


がんをはじめ、骨や関節、呼吸器、消化器など

ワンちゃんのかかる病気は多種多様です。

スキンシップを兼ねたボディケアの中で

全身をくまなくチェックすることはもちろん、

あるいはちょっとした仕草からも

病気のサインは見つかることがあります。

体力や免疫力の低下した老犬なら、

なおのこと病気が心配になります。

犬種によってかかりやすい病気は違いますから、

愛犬がかかりやすい病気を事前に知っておけば

よりきめ細やかな健康チェックを行え

万が一、病気が見つかった場合は早めに
処置することができます。

飼い主が病気に関する正しい知識をもつことも大切です。




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。