犬の食の変化

Dog-wallpaper-21.jpg

主食から間食までありますので、
スーパーやペットショップへ行くと
大体すぐに手に入ります。

今は、自主規制を信じるしかないわけですが。


ずばり、品質の明瞭さを期待します。


品質のよいフードが、海外や国内のメーカーから

多く出されるようになりました。

全ての表示でないため、

添加物、副産物の比率や内容などは判りません

家畜の飼料の安全は、農水省が規制しています。

愛犬用サプリメント

人や家畜とは違うんだという国の認識かもしれませんが

しらなかった…もちろん、業界の自主規制はあります

肉骨紛などBSEの問題もそうですね。

好きなものを残したり、食が細くなる

食欲が異常に増える・肥満になる

食べるスピードが遅くなる

かたいものが食べにくそうになった

味や臭いの薄いものに興味をしめさなくなる

ドッグフードはやらかくしてね♪

注意したい食の変化・歯が臭う、グラグラする
〈歯の病気・食べたものを吐く〈胃の病気〉

食べようとしていたが、思うように食べられない〈口や歯の病気〉

急に食べなくなる(あらゆるケースが考えられます〉

食べても食べても催促する(痴呆症〉

食べるわりに痩せている〈糖尿病〉

食がよいけれど消化不良が多い(消化器系の病気〉。

人や家畜でさえ、ウソの表示をしている時代です…

安い価格、保存の良さを考えると、死亡した肉や着色料、

保存料、調味料などの法規制は必要と思います。


成分はタンパク質がポイントです

そのために犬の食生活という面でも

安心が出来るようにはなっていますね。

愛犬用サプリメント

ところがペットは、公的な安全基準がないのです。
表示のなかで目にするのは、成分と原材料です。

ペットフードが犬の食生活を支えています。

ドッグフードも級品から手軽で安いもの、
子犬から老犬まで多くの種類があります。

高タンパク低カロリーが一番ですね。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。