食生活のありかた


inu3.JPG




ところがペットは、公的な安全基準がないのです。
人や家畜でさえ、ウソの表示をしている時代です…安い価格、
保存の良さを考えると、死亡した肉や着色料、保存料、
調味料などの法規制は必要と思います。

成分はタンパク質がポイントです。
変なモンは、いれんなよ最近は価格は高いのですが、
品質のよいフードが、
海外や国内のメーカーから多く出されるようになりました。

ドッグフードも級品から手軽で安いもの、
子犬から老犬まで多くの種類があります。
高タンパク低カロリーが一番ですね。

そのために犬の食生活という面でも
安心が出来るようにはなっていますね。
表示のなかで目にするのは、成分と原材料です。

全ての表示でないため、添加物、副産物の比率や内容などは判りません。
また主食から間食までありますので、
スーパーやペットショップへ行くと大体すぐに手に入ります。

人や家畜とは違うんだという国の認識かもしれませんが…
しらなかった…もちろん、業界の自主規制はあります。
ペットフードが犬の食生活を支えています。

今は、自主規制を信じるしかないわけですが。
肉骨紛などBSEの問題もそうですね。
家畜の飼料の安全は、農水省が規制しています。
ずばり、品質の明瞭さを期待します。


今すぐこちらをご覧下さい。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。